FC2ブログ

期待に忙しく

ちょっと忙しいのね。

新しい試みで「清水自然米」を企画しているのだが
若手がいるとああしよう、こうしようと言う話がドンドン出てきて
ついには会社として動き出そうと言う事になってきた。

それに地域の協力も取り付けないといけないし
販売先の確保にも動かなくてはならない。
会社として動いていくことを前提にどうやっていくのかの話がたくさん必要である。

会社とすると営利活動ではあるのだけど
それをいかに地域貢献に近くしていくのかとか
環境保全を考えるとか、組織の話だとか
なかなか大変な事が多いんだよね。
そんな時に生産土地が増えたりして、なんだか楽しいけど悩む毎日ではある。

問い合わせとか多いのだけど、ちょっと待ってくださいね。
方向性をある程度決めてからでないと動けないことがあるから
急いで色々やりますから。

昨日は新しい取引先になりそうな方と話してきたし
若手の活躍できる環境も作らないといけないし
現実的に生産物が最高を目指さなくてはならないのだから
なんだか頭がついていかないんだよな~

そうは言っても、やっていかねばならないし
その向かう方向には明るい光のみが見える。

みんな楽しそうにこれからを考えているんだろうけど
やっていくには大変な事も出てくるんだよね。
それでもなんだか苦にしない雰囲気があって
凄いことが起きてきそうでワクワクするんだよね。

もうすぐその流れが判ると思います。

みんな期待してね~~~

やるしかない

セミナーやった後って疲れが残るのか、更新が止まるなあ。
言いたいこともたくさんあるんだけど、頭のどこかが停止する感じ。

そうこう言っていると、「きよみず自然米」での動きがあるんだよね。
軌道に乗るかどうかはこれからではあるものの、
大事なのはその米がちゃんとしたものであることなのだ。
技術的な部分の伝授もさることながら、一番大切な「向かう心」を伝えたい。

現場はそろそろ動き出すから、そこでしっかりと「心」の話が出来たらいいな。
若手が、計画と方向性、それらの準備に動き出している。
必要なものが揃っていると体制は大丈夫なようである。

やりたいことの話ばかりするから、今後それは企画として挙がってくるはず。
いろんなことが実現しそうで、楽しいなあ~~

そう言う事考えているんだけど
最近は電話が非常に多い。
それは取引に関する事ばかりで、みんな揃って欲しい欲しいってことばかりだ。
わかるけど、そういう準備でやっていないんだからものがあるわけない。
さらに今後のことまで言われてもねえ・・・
どうやら今年の作付分は予約でいっぱいになってしまったかな?

また割り振り考えなくてはならないから頭は痛いね。
それに地域上げての仕事もあるからさあ。

こんな状態でも拡充するのは思い通りにならないんだよね。
大きくすればそれなりの機械が必要になり、また金がかかるわけで
それをちゃんとペイ出来るようにしなくてはならない。
まあ、いろいろやっているからどうにかなっていくだろうけど
若手が頑張ると言うなら手伝うしかないでしょ。

やるしかないな。


福岡宗像セミナー

福岡の宗像で2回目のセミナーをやってきました。
今回は研修生と営業担当含め4人です。
土壌に対する世界最高の技術ですから、いつでも気合は入っています。
20100207 138a


依頼されたのはタッキーこと滝口秀明氏
タッキーベジガーデンとして自然農をやっている活動的な方です。
チャレンジに理解を示され、積極的に協力いただいています。
私のお伴の3人も色々と勉強になったと言ってくれ一安心です。

また新しい繋がりができてきたので、楽しみも増えてきます。

内容は私のセミナーの縮小版ではありますが、全部を網羅しているものです。
説明は詳しくは出来なかったのですけど、足りなかった分は自分で調べればいいですからね。
それでもあれだけの内容を話すのは疲れるのです。
弁当も美味かったぞ~~~
20100207 139a

近くで冬季湛水の田
何もせず、このまま田植えとかいいねえ~~
20100207 141a

タッキーの田での自然農苗床、これまた興味津々
20100207 146a


夜はタッキーの家で宴会。
そこにいろんな人も出入りして楽しかったです。
夜中まで騒いでおしゃべりして、おいしいお酒もあって
素晴らしい時間を頂きました。
20100207 153a

次の日は朝の5時起きで、帰熊し作業に入るも
やはりみんな疲れていたので昼で終了です。

若手に任せる

SN3L0180.jpg

チャレンジ専用畑(二塚)で研修生が主となってやる多品種野菜。
「好きなものをやればいい」と言い渡して
私自身はほとんど手を掛けていません。


この畑は昨年の夏前に手に入れたのですが
それまでは慣行で米が作られていて
私が手を掛けるときはガチガチになっていました。
それを改良すべくリードアップを撒いたところ
いきなりの変化が出てきていました。

その状況はここで見てください。

今年の3月に「土菌ちゃん」を撒いています。
そこにほとんど何も知らない研修生が作物を作るという事は
どうなってしまうかというひとつの実験になります。

上手く行けば土さえ変わってくれれば肥料農薬無しでシロートでもどうにかなるという証明になるわけです。
専門知識が多い人では何かをしなくてはならないという強迫観念が働きますから
余計な事をやってしまう可能性が高い。
そう言う意味合いでは面白いことになりますよね。

しかし、いろいろ定植してあるから、どうなるのかと私も興味津々ですね。

取れ上がって、私の取引先で買ってもらえるのならば研修生の収入になるらしいです。
相棒がそういう約束をでやらせているので、やっている研修生にとっては楽しみでしょう。
収穫の楽しみを味わってもらうという事でしょうね。
いい環境を作りすぎていないか?って思ったのですが
実際に取れ上がるかどうかわからないですから、どう頑張るかでしょう。

夏のセミナーでの報告をやってもらいますから
頑張れ研修生ですよね(笑)

それから「清水自然米」の方は若手に任せようと思います。
隣の息子がやりたいと言うので、やってみろと
道筋だけつけてあげています。

研修生と同じ年代なので、話が合うみたいで
今日は3人で自然栽培関連のところを見てくると言って出かけて行きました。
予備知識は話してあるので、どういう風に動いていくのかも楽しみです。

彼らはこれからの日本を担う事になるでしょうね。

全てはここから始まります。
チャレンジ

2010米腐敗実験その後

昨年から継続中の2010年産の米の腐敗実験はいまだに継続中です。
左から4年物にリードアップを1滴たらしたもの、自然栽培6年ヒノヒカリ、チャレンジ1年ヒノヒカリ、チャレンジ1年旭1号、自然栽培4年ヒノヒカリ (写真はクリックすると大きく見えます)
20100207 133a

20100207 134a
チャレンジ1年旭1号と自然栽培4年ヒノヒカリ
4年物にこんなにカビが来るとは思わなかったが、どうも匂いはあまりしない。途中から発酵に変化してきているような感じがする。それにしてもチャレンジは1年目でも見ての通り。
半年経ってもこれでどう判断する?

20100207 135a
さすがに6年目は一番綺麗な気がするね。
チャレンジ1年目はそれに匹敵する素晴らしさ。

一番左のは後でリードアップを1滴垂らしたが、他のとは違う反応になっている。
土壌生成理論から考えると土に変化する過程に入っているのだろう。

どれが食べたい?ってこうなったら食べたいとは思わないか。

カウンター
無料カウンターブログ無料作成レンタル掲示板無料CMS
どこからきた?

ジオターゲティング
リンク
検索フォーム
FC2