FC2ブログ

伊賀の里モクモクの鬼の吉田

昨日は作業後、tuttiの中村氏の誘いで会合に出掛けた。
中小企業家同友会というところである。

経営者の集まりであり、面白そうと言うのと
その日の演台に立つ人に興味があったからだ。
その人は三重県の農業法人伊賀の里モクモクの鬼の修こと吉田修氏だ。

我が家が目指すところを25年以上前から取り組み
成功を収めていると言える農業法人、興味が無いはずはないな。

年間売上47億円(2009)訪れる人は年間50万人という。
従業員147名パート140名単純に一人当たりの年間売上高は1500万を超える。
内容は昨日知ったのだがこれは凄い。しかも利益率が高いとの話であった。

それを農家の集まりからここまで育て上げたのが吉田氏と木村氏であるのだ。
出会いはなんと経済連からという。
秘話はたくさんあるだろうから、これから買ってきた本を読ませていただきます。


さてどんな話がでてくるかと楽しみである。
偶然にも会が始まる前にあいさつが出来、名刺交換もできた。
その時に私はこの男がどういう人であるかほとんど知識が無かった。
凄い農業法人の立役者程度だったのだ。(申し訳ないです)

体調を崩されたという事であったのだが、いやいや元気だ。
話が始まると、またまた面白い。

私にとっては向きたい方向であるので、楽しく興味深い話ばかり。
とんでもなく刺激された時間を過ごさせてもらった。
しかも名刺交換しているためなのか、やたらと目が合う気がしてならなかった。
私の為の時間ではないかと、勝手に思ってしまうほど楽しかったな。
もっと話がしたいと思う人はそうはいないが、この人とは話がしたいと思わされた。
有意義というか非常に貴重な時間であった。

さてこの会合、面白い企画を立ててある。
経営に関わる人たちであるので、感性が違う。
その人たちとの同一タイトルでのグループセッションがあるのだ。
これは今後も参加していきたいと思う企画だ。
いや、楽しかった。

その後懇親会があったのだが、朝が早いので今回はパス。
今後参加する方向で考えよう。

会が終わり、懇親会に移行する時
突然演台で話していただいた吉田氏が寄ってきて
是非来てください、電話してくださいと握手を求められた。
感激して、是非と答えた。

我が家でやっていることを何か考えてくれたのだろうか?
やたら目が合うという気がしてたのは気のせいではないみたいだ。
こりゃ~勉強に行かせてもらわないといけないな~

鬼の吉田は、実は非常に優しい男であると感じた。
またまた、何かが始まる気がする。




スポンサーサイト



カウンター
無料カウンターブログ無料作成レンタル掲示板無料CMS
どこからきた?

ジオターゲティング
リンク
検索フォーム
FC2