FC2ブログ

本当はどこにある?

自然栽培に向かって思う事は
本当に大事なことはどこにあるのか?ってことだ。

もはや見た目だけとか、やり方の区別にこだわることなどどうでもいい。
そういうことに惑わされる事にうんざりしている。

自分の信じる道はチャレンジ

かといってこれに縛られる気は毛頭ない。


慣行しか知らなかった時代はその中身を知ることだけで精一杯。
肥料や農薬の事の知るべき事が多すぎてお手上げ。
突き進むところはいかに金になるか・・・

他の産業から見て金に換える効率の悪さから農業は駄目と断じた。
もはや先祖からの引き継いだものをどうするかの判断だけ。

そこに現れた自然栽培。
今にして考えれば有機農業に触らなかっただけ良かったと思う。
迷うことは少ないがいい。

何がそうさせたのかはわからないが
自然栽培にはまりこんで、追求していくが
壁があった。

どうしても納得いかない事がある。
それを追いかけて土壌生成理論に出会った。

自然栽培をベースにしていたおかげでその理解は早く
没頭していく。

ここが今の私である。

これだけ追求しても理解しているとは言い難いのが現実。

つねに大事なことは何?と自分に言い聞かせてきた事が
さらにその先を追いかける姿勢になっているのだと思う。

チャレンジではその基本をしっかりと身につけるようにと
考える事が多いのだ。
これだけやってもまだ足りない。

自然の流れとは奥が深いものだと感じているのが今。

もっと、もっと。

さらにもっと追いかけたい。

生きている時間は短い。
この時間に出来るだけのことをやりたい。

どこかに止まっていることなど出来はしない。

今、その夢を追いかけさせてくれているチャレンジに感謝である。

本当はどこにあるのかを見てみたいのだ。

スポンサーサイト



カウンター
無料カウンターブログ無料作成レンタル掲示板無料CMS
どこからきた?

ジオターゲティング
リンク
検索フォーム
FC2