FC2ブログ

震災から考える事

いまだに見てきた震災の爪痕が心に残りフワッとした状態だ。
そこから何かをしなくていはならないという強迫感が生まれる。
かといって何かを出来るようでもない。

できることならば高味氏とともにリードアップによる環境浄化をやっていきたいと思う。
だが、自分の生きる道もままならずではどうにもとも考える。

頭の中を回るこの流れはどうすればいい?

自分にできることとは、出来ることの中から人の為になることを優先してやること。
それくらいしかないのか?
人一人の力なんて知れている。
ならば方法を多くの人に伝える事で何かが動くかもしれない。
それで出来るだけ知らせられるようにとやってきたつもりだが
そう簡単ではないみたいだ。

土壌生成理論からのリードアップを利用した方法「チャレンジ」が
環境浄化を早くやってくれることはわかっているが
それを理解してもらうのに時間がかかる。

自然栽培から土を綺麗にするという特化した部分からはじまったチャレンジ
自然の循環を解明出来てきた事で浄化のシステムがわかった。

それがわかってくると、自然界の浄化のスピードが早い事に気がつく。
それを担っているのが土壌菌と腐植前駆物質
浄化そのものはキレートによる。

現代の土は汚れているようであるが、そこにあるものはどうすればいいのかはわかった。
それは自然栽培で言われる肥毒を早く解消してしまう。

それどころか肥毒の解消だけでは駄目だという事がわかってくる。

しかし浄化が進むと関係する土だけでなく、水も大気も綺麗にできるのだ。
そこまで理解できてこそ自然栽培の土に合うようになってくるのだ。
それがようやく判ってきたのだ。
それが放射性物質の無害化にまで及ぶのである。

自然界に存在するものは、大気、水、土、有機物、無機物である。
それらが関わりあって初めて循環が出来る。
循環とは生物にとっての循環。
生物が生まれ育ち生きていくために必要なもの。
その流れが綺麗に都合よく行くことが必要だ。

そしてそれをやってくれているのが土壌菌

その場所にもともと存在する土壌菌が元気でいることが
そこに生活する生物にいい環境を与えてくれる。
けっして培養した菌を入れてはならない。
必要なのは菌ではなく循環を司る腐植前駆物質


そのことを訴えてもそうはとらない人もいるが
それはそれでしかたない。
問題をすり替えているだけだからすりあわないだろう。

本当に大事なものは、生物に関わる循環をしっかりと見ることにある。

いまやるべきことは、それを知ってもらう事だ。
その為に一生懸命やることだ。

その向かい方は、自然栽培に向かい始めた頃と何ら変わっていない。
それが自分は正しいと思うのだ。
これを進めることこそ、自分の役割なのだと確信している。

スポンサーサイト



カウンター
無料カウンターブログ無料作成レンタル掲示板無料CMS
どこからきた?

ジオターゲティング
リンク
検索フォーム
FC2