FC2ブログ

農地

畑の一部、3年前に借りて自然栽培に合う土にすべく取り組んでいたところを引き上げられた。
腐植前駆物質を利用する所との比較対象であったため、比較が出来なくなってしまう。
まあ、それも仕方ないところ。借りてた相手は幼馴染であるが、いろんな事があるからね。

たまたまセミナーに参加していただいた方からの質問もあり、農地獲得へのハードルを考えねばならない。

比較試験は腐植前駆物質を積極的に使うところと
今までの自然栽培における土の改良の方法とによる比較であった。

前者は昨年から後者は3年前からの取り組みで
対象としては調度いいかもという組み合わせだった。

腐植前駆物質を積極的に利用するところは
すでに生産が出来てきており、それ以前の慣行での状況から考えたら驚くほどの状況。
ただし、生産物は完全なものに至っていないために、どう処置していったがいいかを考えている。
慣行からいかに早く自然栽培が出来る土にするかの本当の意味での試験場である。
今後はさらに積極的に腐植前駆物質の利用により、どこまでいけるかという見極めをしたいと考えている。

対して、今回引き上げられたところは上記の対象としての考えていたところ。
一切の肥料農薬、腐植前駆物質も使わず、ちゃんとしたものが出来てくるまでの過程を記録しておきたかった。

この比較により、どういう方法が自然栽培に向かうにいいと思えるのかを判断したかったのだ。
方法は今までの自然栽培を推進する(腐植前駆物質を否定する)ところからの提案である。
やってきたことはソルゴーを年に2回入れて、麦を活用するというもの。
対象区より早く立ち上がっているから、すでにソルゴー麦を使っての土作りはやっていて
それにさらに上記をやり、早く自然栽培が出来るようにしようというものだ。

私自身は腐植前駆物質の驚異的な効果を知っているために無駄ではないかと考えていたが
相棒がどうしてもやるというので容認していたのだ。
いずれ比較として出していかねばならないかもしれないという判断である。

3年かけて土作りだけに向けた場所であるだけに
引き上げられるのはちょっとショックである。
かといって相手の都合もあるわけで、ガッカリしながらも承諾せざるを得ない。

となると、今の時点での思うところを記録しておくべきである。

問題点は2つある。
ひとつは今までの自然栽培における土の作り方と腐植前駆物質利用におけるこの時点での考察。
もうひとつは自然栽培を決行するための土地の獲得方法の問題点の洗い出しである。

1年目の自然栽培と1年目のチャレンジ自然栽培では違いは歴然としていた。
当然チャレンジがいいのであるが、そこには何かしらの不都合もでてくる。
それをどうすればいいのかを考えることも必要だろう。
比較するのが長年やっているところとになってくるほど良いからこそ見える部分。

自然栽培ではいつ良くなる?って感じだった。
そうなると土地を得てやるにはどうしたらいい?
借りてやっていくには時間がかかりすぎる。
かといって買うにはハードルが高いと思える。

今回自然栽培に合う土に向けていっているところを引き上げられたわけだから
ほぼ収穫は無い。
使った時間が無駄になってしまった。

さてこれを考えた場合には
新規でやっていこうという人には高すぎるハードルとなってしまいそうだ。
どう考えるかな?



最近の企み

昨日仲間のマニーさんから電話を頂いた。
なんかおかしいという~~~~~

本人は一向に気にしていないのだが、今までのブログを見ている人からはおかしく見えるらしい。
まあ、ちょっとは企みがあってのことではあるのだが、そういう時もあるさってことよね。

最近の動向をまとめると、まずは熊本での話。
以前に書いたことがあるが、レストランシェフと農家のコラボでの企画。
特にこだわっている人たちのが集まる企画ね。
いずれ詳細は出していくのだが、ビックリ企画が進行中。
その名は「アルチザンクラブ」
アルチザンとは職人とか匠とかいう意味合いね。

それに値すると認められる人たちの集まりで
九州での活動となる。
私はそこでの副会長として活動する事になった。(大丈夫か?)

次に
昨日はその一環になるかもしれないイベントに参加
福岡で、有名なジョンムーア氏と一緒に飲んで騒いできたのだった。
彼もまたいろいろとやっているのだが、さてさてコラボ出来ることになるのかな?

おもしろい人で二人してビールばかりを飲んでいた(笑)
SN3L0260a.jpg


8月は多くの人と会って色んな話が出てきたのだけれど
あれやこれやで頭は迷走中
どうなっていくのやらね~~~~~~~

ま、そんなこんなでブログをあまり書いていなかっただけ。
頭の整理が追いつかないという事だったのだ。

9月になって米の収穫時期が近付くと段々気持ちが変化してくる。
状況を見定めて仕上げの調整時期だからね。

今年はいろいろ考えることが多くよく瞑想する。
自然観と経済との絡みとか、仕事の進め方だとか
目指すところをどこに設定するのだとか・・・・

みんな簡単に答えが出てこない分悩むわけなのよ。
それに自分だけでなく多くの人が絡んでくるようになると
判断に困ることが出てきて、瞑想ってね。

10月になると福岡宗像でのセミナーが決まっている。
さて今回はどうするかね~

土菌ちゃん製造から土が出来る

今日も暑い日でした。
研修生と中学生と総勢7名にもなる楽しく苦しい仕事をやってます。
仕事なのか遊びなのかわからないような時間ですが
楽しい事には違いは無い。

いいですよね~~こんな仕事って。

突然思いだしました。

地球上にある有機物は高分子化と低分子化のどちらかに向かいます。
高分子化は土に向かう。
低分子化は次の有機物の成長に取り込まれる。
それは土がうまく関わる事で成り立ちます。

有機物が土に変わっていくときに
腐植という状態になります。

その腐植と言う状態のちょっと前の状態を腐植前駆物質といいます。
この腐植前駆物質が生物の環境に大きな役割を担っています。

その腐植前駆物質での効果を引き出すような状態にしたものが
リードアップです。
このリードアップと有機物がからんでいくと土が出来るのです。

リードアップと有機物から腐植前駆物質を作り出す事が出来ます。
それを私たち仲間では「土菌ちゃん」と言っています。

仲間の「むく」さんが「土菌ちゃん」を作りました。
そして残った有機物(草だったそうです)を放置していたら
土が出来ていたという事です。
これにはビックリしましたね~~~

その時のむくさんのコメントです。
*****************************************************************

新しく土菌ちゃんを作ろうと思って肥料成分の枯れ草を入れるのに

前回使ったネットを取り出した後、その辺にほったらかしにしていたので

そのネットを使おうと思って持ち上げたら、ずっしりと重い、

枯れ草しか入っていないはずなのになんでだろう、と思って中を出してみたら

なんと、半分は土になっていました。
tuti1.jpg
tuti3.jpg


水の中に入っていたので土が入っていたとしても溶け出してしまうはずだし、

何より、枯れ草しか入れていないのははっきりと覚えています。

これこそリードアップの本領発揮といったとこではないでしょうか。

****************************************************************

樽で土菌ちゃんを作ると
その樽の中に土が出来てきます。
それにも感動していたのですけど
腐植前駆物質の製造に使った有機物自体も土に変化するんですね。
これが自然界では普遍的に起きている事なんですよね。

リードアップとは自然界の仕組みを見せてくれますよね

リードアップの効果

リードアップ開発者の高味氏のブログに田での効果を書いてあります。

仲間であり我が家に来ている研修生のお父さんである太田さんが「現代農業」に取り上げられているのですが、塩害に対するリードアップについての話です。

震災で田が海水による塩害を受け、どうにかならないかという思いからの流れです。
高味氏と一緒に現地にも出向いて見てきましたが
効果は見事に出ています。

腐植前駆物質水溶液「リードアップ」の凄さがいよいよ表に出てくるでしょう。
土壌生成理論という土が出来るメカニズムを解明できたからこその事です。
自然界の循環には法則があるという事ですね。

土を作ることは、土を知ることから始まる。

一斉防除、職場体験

このあたりでは稲の一斉防除の時期です。
ラジコンヘリであったり、ブロアーであったり
田舎なのに空気の悪い事

おかげで上の娘は身動き出来ず寝たままです。
たまに起き上がってくると吐き気でどうしようもないらしい。

アレルギーが酷くて、見えないくらいのところで農薬散布やってても気分が悪くなります。
それは我が家ではみんな同じような感じです。
だからどこかで農薬散布をやっていればすぐにわかるし
仕事切り上げてしまいます。

農薬散布は傷害を与えることだと理解してほしいですね。

農薬がこんなに動けないほどのダメージを与えている。
それは一部の人なんでしょうか?
もしかしたら多くの人が害を受けているのかもしれませんね。

食を生産しているという自覚が欲しいと感じます。
娘はこれからも重い荷物をもったまま生きていくしかないのでしょうか?

これはいずれどうにかしなくてはいけない問題だと考えています。

さて、今日からは研修生に加え、中学生の職場体験の2人が来ました。
昨年の中学生は農業に興味があるという事でしたが、今回はどうなんでしょう?
聞いてみるとそういう感じではないような・・・
でも作業を積極的にやってくれて、楽しんでいました。
草の処理を頑張ってやってくれて助かりましたね~

20110907063933a.jpg
2011-09-07 14.17.03a
この草は土菌ちゃんを撒いておきました。
次回の土菌ちゃん作りに利用できるかな?
数か月置いておいて、来春のになるでしょう。
いいのが出来ると思います。
カウンター
無料カウンターブログ無料作成レンタル掲示板無料CMS
どこからきた?

ジオターゲティング
リンク
検索フォーム
FC2