FC2ブログ

これは書いていいのだろうか?

単なる思い付きであることを前もって言っておく。
原子力の事故が過去にも起きているが
想定よりも早く回復しているという話をどこかで聞いた。

放射線が発せられるところではそのレベルにもよるが
高い数値のところでは生物は生きていけない環境であろうと思われる。
しかしながらその場所に植物が繁殖し始めているらしい。
自然界には人間の知識の及ばない何かの仕組みがあるようである。

たとえばスーパーミミズなどもその一例か。

農業における土の研究から腐植前駆物質にまでたどり着いたが
それは非常に多岐に効果をもたらすことがわかっている。
その流れを考えていると
地球上の浄化システムの多くを腐植前駆物質は担っているような気がしている。

地球上に土が出来てきたのは4億年前から。
それは生物が海から地上に進出してからである。

生物が進出することで有機物が珪酸と関わり、土となっていく。
そこから土と生物との関わりが積み上げられていった。

そこには菌が関わり、土を介することで互いの共棲関係が生まれてくる。
それを調整してきたのは腐植前駆物質であった。

そうなってくると放射線に関わることにも
関係があったのではないかという事である。

自然界のいろんな事象を調べてみると判ってくるのだが
何かの変化には直接の関わりだけでは足りないことが多い。
化学的な変化には2つのものの関わりで十分であるはずなのに
それに介するものが必要という場面が多く見られる。

何故にそういう事が起きるのかはよくわからないが
何かの必要なものという存在を考えてしまう。

短絡的かもしれないが
原子レベルの事故で生きられるはずのない生物が生き
自然を復活させているという事にはそういうはたらきをするものがあるという事か?

もしかしたらそれは腐植前駆物質?
それともそれに類似したシステム?

何かを感じるのは思い込みなのだろうか?


コメントの投稿

非公開コメント

放射能汚染とその転換について

チャレンジは放射能汚染にチャレンジすべきではないか、とのご提案だと読みました。その通りだと思います。

私はすでに、放射能汚染危険地帯に在住する友人にリードアップを送りました。彼はどのような事態にも避難することなく、対峙すると決心しています。

1,リードアップ希釈液を家の敷地と菜園に散布すること(土壌による水、空気環境浄化・安全な食糧確保)。
2,外出時に皮膚に塗布すること(放射線からの防護)。
3,飲用すること(放射性物質の無毒化と体外排出)、

の3つを実行してもらっています。

データがない以上確たることは何も言えないのですが、宇宙線にさらされていた原初の時代を力強く生き抜いた土壌菌たちは放射線や放射性物質をどのように扱うかを心得ており、味噌などの発酵食品が長崎原爆被爆者を守ったケースがあることも知られています。

広島長崎の被爆地は長く荒廃するだろうとの当初の予測に反し、数年で回復を見たのはひとえに日本の豊かな土壌の力です。

リードアップは腐植前駆物質としてその土壌菌をリードして土壌菌群の共生レベルをアップさせるものです。どうして放射線や放射性物質に対して有効でないなどということがありましょうか。大地、農地、水、空気などの放射能汚染はすみやかに除去され、汚染前よりも一層整った自然、人文環境がもたらされる可能性さえ考えられます。

ただし、実証はこれから、チャレンジを志す人々が地道に行わることですからまだ時間が必要ですが、危機は今ここにあります。故に見切り発車の誹りを免れませんが私はリードアップを、危機に直面する友人に託しました。

どうか、チャレンジ農法に志す皆さん。早くもその真価が試される時が来ました。土壌生成理論とその誘導剤リードアップに基づくチャレンジ自然栽培が、放射能の危険を除去し、究極の安全と安心、汚染の転換と生存環境の回復をもたらすものであることを世界に対して実証してください。

No title

日南の杜さま、心強いコメントを読ませていただきました。
ありがとうございます。

ロシアで放射線を食べる菌が発見されたそうです。
http://digimaga.net/2008/03/fungus_eats_radiation

これもロシアですがヒマワリが放射能に汚染された土壌に効果があったそうです。
http://news.livedoor.com/article/detail/5431195/?utm_source=m_news&utm_medium=rd

群馬で野菜を作っていこうと思っております。
今後ともよろしくお願いします。
カウンター
無料カウンターブログ無料作成レンタル掲示板無料CMS
どこからきた?

ジオターゲティング
リンク
検索フォーム
FC2