FC2ブログ

リードアップが放射能物質を無害化する。

リードアップが放射能物質を無害化する。

それはいったいどういう理由なのからなのだろうか?
この件については実は確かな話は出来なのだ。
私は科学者ではないからこれが書けると思う。
なぜならば実験できないからであり、メカニズムを知るには多くの時間が必要となることだろう。



土壌生成理論から生み出されたリードアップは理論に則る事で
その多くの性能を持つこととなった。
その多くの性能とは自然界の浄化と言われる事柄が多いのに気がつく。
使い方を工夫すればあらゆる場面に能力を発揮する。

その基本はキレートである。

土が出来る循環ではその反応後にキレートが確認される。
どうしてかは記述を見たことが無いから判っていないのではないだろうか?
しかしキレートが出来ることは確かである。

このキレートがイオン状態の物質を出し入れできるという事で
緩衝作用を生み出している。
その緩衝作用が放射能物質にも効果があると言う事であろう。

リードアップの凄いところは
その中に効果のある物質を持っているという事だけではなく
生物と共棲関係にある菌をフェノール系に導き生物に都合のいい状態に持って行ってくれるところである。
そしてそれは伝播していくのでその影響を受ける生物の環境が良くなっていくのである。

今回の放射性物質の無害化において効果が出たというのはどういうことか?
土壌生成理論の提唱者 内水護 氏の著作「土と水の自然学」の中の一部分にそのヒントを見てとれる。

***********************************************
腐植前駆物質を特に高濃度に含有する土壌(腐植物等)においては、土壌菌群の存在が検知されない場合もある。
この事実は、顕微鏡サイズにも達しない土壌微生物の存在ないしは当該腐植化反応におけるchain reactionの存在を示唆するものである
***********************************************

私はずいぶんこの文章に引っかかっていた。
これはどう意味合いなのだろうかと。
顕微鏡でも確認できないほどの小さな土壌菌群が
実は相当存在し、共棲関係にある生物の都合のいい状態を生み出している。
これこそが浄化と言われる現象として見て取れる。
そしてそれはいくつかの段階とか、役割分担を持っていて
状態に応じての作用を人間に見せているのではないのか?と考えたのだ。

これは推測としてしかかけないのであるのだが
実験的には放射能物質を押さえてしまって検出できないのである。


以前から言われていて確認できない事象が
フルボ酸の効能であった。
フルボ酸が多方面に能力を持っている事は知られているのだが
そのフルボ酸自体が入手が出来ない。
というか研究するだけでも大変な状況であるのだ。
それがリードアップに含まれている。

今の科学を持ってしても確認できないものの物体を
細かい事象でなく大きな目で見ることで
その効果が見つけられたことになる。

まさしくい自然学である。


いずれにしろその効果が発現すると言う事は
放射性物質を無害化できるという事実を生み出している。

メカニズムはいずれ誰かの研究によって確認できることと思われる。
ならば今は何をすべきか?

その効能を使う事で大惨事を治めることだ。




リードアップの効果は塩害にも緩衝作用で効果がある。
さらに畜産での多くの疫病にも大きな効果が見込める。

今の福島の惨事にはこれをもって当たることが最良の選択であると思うのである。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

その通りです。

今は国難!

この大惨事にどう向き合い克服するか!
だと思います。

ようは結果です。

被災地を救う手立てが必要。。。

リードアップの効果が証明されたのなら
理屈抜きに早く使用して欲しいものです。

エライ学者さんがその仕組みを時間を掛け解明下さいね!

No title

一つの学校の校庭でとにかく試してみたらどうなのでしょうか。
噴霧器さえあれば撒けるのに。
考えるより行動です。今すぐ。リードアップを!

No title

動きはあります。遅いですが。
もう少ししたらその状況もお知らせすることが出来てくる事になると思います。
カウンター
無料カウンターブログ無料作成レンタル掲示板無料CMS
どこからきた?

ジオターゲティング
リンク
検索フォーム
FC2